読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薬をもらってきた

 

 

先日、心療内科に行ってきました。

 

突然泣きそうな感覚に襲われたり、死にたいと考えたり、疲れやすかったり、ちょっとしたことですぐ落ち込んだりして、社会人になるのにまずいなあと感じたためです。

 

あと、死にたいと考えるのをやめてもう少し生きてみようかなと思えたからです。

 

 

明確なきっかけは自覚しているので、急性ストレス反応?という診断結果に。

 

 

薬の量について聞かれたけど、よくわからなかったから少なくしてもらった。依存が怖いからね。

 

「引っ越しがあるだろうから多めに薬だすね、2回目きて欲しいけどこれなかったら来なくてもいいからね。今日は頑張ったね。」

 

優しいお医者さんでとても安心した。

 

 

その薬は落ち着かないときに飲むものらしい。とりあえず飲んでみたら、頭の中の雑念がすーっと無くなって視界がクリアになる感覚がした。薬が効いている感覚が実感できやすいと聞いていたけど、これほどまでに落ち着くとは。

 

もし健康な人が常にこんな思考でいられるのなら、それはひどく羨ましいなと感じた。

 

 

しかし、予測はしていたが副作用によって眠くなり、家にいるときは必ずと言っていいほど寝てしまう。これもよく効いている証拠なのかな。

 

 

根本的な解決にはなってないのだろうけど、生活するのが楽になった。息がしやすくなった。行動できるようになった。死にたいと考える時間がなくなった。全部薬のおかげかはわからないけど。

 

 

頭がざわざわする瞬間は、否定的なことを言われたとき、親と話したとき。

 

ちょっとしたことで傷つかないぞって思ってても、思考はコントロールできなくて、何度も何度も同じことをぐるぐる考えてどんどん落ち込み初めてくらくらしてくる。薬飲むとそれがすーっとなくなって落ち着きはじめる。不思議。

 

 

健康な人がこんな感じなら生きやすいわけだ。ひどい言葉も気にせず使えるわけだ。なんて感じてしまった。

 

 

パニック障害にも効くらしいから、できることなら常備しておきたいなあ。

 

さらに望むなら、薬なしでも常にこんな風にクリアな思考でいれたらいいのになあ。

 

 

早く治したい。変わりたい。